• ホーム
  • インフルエンザ初期症状の時に人に会ってもいいか

インフルエンザ初期症状の時に人に会ってもいいか

2019年09月17日

インフルエンザウイルスは非常に強い感染力を持ち、人体の細胞に感染した後の増殖スピードが非常に速いという特徴があります。
インフルエンザに感染すると、ウイルスが気道や肺などの細胞に入り込んですぐに増殖を開始します。
潜伏期間には体の免疫が働かないため、増殖を開始したウイルスは体内で爆発的に増加します。
ウイルスの数が100万個かそれ以上まで増加すると免疫細胞が病原体を感知して攻撃を開始し、熱や気管支炎などの自覚症状が出るようになります。

インフルエンザウイルスは最初に体内の細胞に侵入してから発症に必要な数に増殖するまでのスピードが非常に速く、たった1個のウイルスに感染しただけでも1日~3日間で100万個以上に増殖してしまいます。
ウイルスが増殖している潜伏期間中は自覚症状が出ませんが、最初に感染してから半日~1日後に体の中には既に数十万個ものウイルスが存在していることになります。

インフルエンザの症状が出始めた後に、体の中でウイルスが爆発的に増殖を開始すると思われがちです。
ところが高熱などの初期症状が出る頃には既に体の免疫系が病原体を攻撃して増殖スピードを抑えているため、体の中で増殖したインフルエンザウイルスの数が一番多いのは症状が出始める頃となります。
初期症状が出始めてから高熱が出ている期間中に、最も多くの病原体を体外に撒き散らしてしまうので、不必要に他の人に会わないようにする必要があります。

初期症状が出た後に高熱が数日間ほど続き、体の免疫系が病原体を攻撃しすることで体内のウイルスが減少します。
体内で病原体に対する抗体が作られるようになるとウイルス数が激減し、熱が下がって症状が治まります。
それでも熱が下がった後に体の中からウイルスが完全に除去されるまでには数日間を要します。
発熱などの自覚症状が無くなっても数日程度は感染する恐れがあるため、この間は他の人に会うべきではありません。

一度インフルエンザに罹患してしまうと、1週間かそれ以上の期間にわたり感染力が持続します。
自分がインフルエンザにかかってしまった場合には、他の人に感染させないように配慮を払う必要があります。

インフルエンザは潜伏期間でも感染力がある

インフルエンザウイルスは感染力が非常に強く、ほんの1個~数個程度のウイルスが体内の細胞に感染するだけでも増殖を開始することができます。
ウイルスは咳やくしゃみの他に、会話をする際に飛散した唾液の中にも含まれている場合があります。
ウイルスに感染して1日~3日以内で発熱などの自覚症状が出ていない潜伏期の間にも何十万個もの病原体が体の中に存在しているため、既に強い感染力があります。

インフルエンザの初期症状が出る頃には、体内のウイルス数が最大になっています。
高熱が何日か続いた後よりも、潜伏期や初期症状が出始める時の方が体の中に多くのウイルスが存在している可能性があります。
もしもこの時に他の人に会うと、相手の人にもウイルスを感染させてしまうリスクが非常に高いと言えます。
もしもインフルエンザの初期症状が出た場合はなるべく早く医師の診断を受けるようにして、不必要に他人と接触することを避ける必要があります。

発熱や気管支炎などのインフルエンザの症状が出れば、他の人への感染を防ぐための対策を講じることができます。
これに対して潜伏期間で症状が出ない間には、自分では気付かずにウイルスを周囲に撒き散らしていることになります。
多くの人と会う仕事をしている方であれば、症状を発症していない潜伏期に通常の生活をしている人からインフルエンザに感染させられてしまうリスクが非常に高くなります。

健康に見えるような人からもインフルエンザウイルスに感染する恐れがあるため、病気が流行する時期には自衛をする必要があります。
窓口業務などで不特定多数の多くの人と会う機会の多い仕事に就いている方であれば、仕事中にマスクを着用することで潜伏期間中の人が飛散したインフルエンザウイルスから身を守ることができます。

関連記事
アモキシシリンもインフルエンザ菌に効く

インフルエンザや細菌などに有効な成分が含まれているといわれている「アモキシシリン」について解説するにはまず細菌とウイルスの違いについて理解しておかなければいけません。まずウイルスというのは、その構成上、細胞というものがありません。ですので、ウイルスはほかの細胞をもっている生物などに寄生していないと生

2020年07月22日
インフルエンザが冬に流行する理由とは

冬の季節になると流行り出すのがインフルエンザです。まるで春の桜前線が南から徐々に北に上がってくるように、インフォームドの流行も南から徐々に北へと移り、ニュースを賑わせます。しかし、どうして冬になるとインフルエンザは流行り出すのでしょうか。インフルエンザ菌(正確にはウイルス)は1種類だけではなく複数存

2020年06月03日
シンメトレルの成分と効果、副作用

シンメトレルはアマンタジン塩酸塩を主成分とし、主にドーパミンやセロトニンなどの脳内神経伝達物質に働きかけます。この成分は、例えば脳梗塞の治療後に見られる意欲低下などの後遺症を改善します。また神経伝達物質のドーパミンは、神経間の伝達を強化するため、シンメトレルはパーキンソン症候群の改善に効果を現します

2020年04月15日
ラピアクタの成分と効果、副作用

ラピアクタは抗ウイルス薬のひとつで、ウイルスの増殖を阻止する効果があります。抗ウイルス薬の中で唯一静脈への点滴によって投与するタイプのお薬で、日本では医療機関で入院患者に対して使用されます。15~30分かけて点滴静注で投与します。大抵の場合、1度の点滴だけで済みます。ラピアクタは即効性が非常に高く、

2020年03月01日
イナビルの成分と効果、副作用

イナビルの有効成分はラニナミビルオクタン酸エステルという物質です。これは粉末になっており、その粉を吸入することで効果が発揮されます。イナビルの有効成分ラニナミビルオクタン酸エステルはノイラミニダーゼインヒビターという種類の物質です。ウイルスの表面にはノイラミニダーゼという酵素が存在します。ウイルスは

2020年01月24日
リレンザの成分と効果、副作用

リレンザは気道や肺の細胞に感染したウイルスの増殖を阻止するための抗ウイルス薬です。発症を予防する目的で使用されることもあります。リレンザは飲み薬ではなく、口から薬剤を起動や肺に吸引するタイプのお薬です。服用方法ですが、専用の吸入器具を口にくわえて薬剤を一気に吸い込みます。気道や肺などのウイルスが感染

2019年12月16日
タミフルの成分と効果、副作用

タミフルについて、ご存知の方も多いでしょう。オセルタミビルを主成分としており、A型とB型のインフルに加え、新型の物にも効果があります。このオセルタミビルという成分には、ウイルスの増殖を助ける、ノイラミニダーゼという酵素を阻害する働きがあります。特に、感染したなと思ったら、早めに病院に行って処方をして

2019年11月08日
子どものインフルエンザ初期症状

子どもの場合にはインフルエンザの初期症状として寒気が挙げられます。寒気は子ども特有の初期症状で寒気がした段階では熱は出ず、24時間以内には高熱が出ます。およそ38.5度以上の高熱が出ていればインフルエンザである可能性が高いです。寒気が起こる原因としてインフルエンザのウィルスと戦うために体温を上げる必

2019年10月13日
風邪の初期症状とは違うインフルエンザの症状

毎年冬になると、風邪やインフルエンザが大流行します。両者ともウイルスの感染によって引き起こされる呼吸器系の病気なので、発熱・のどの痛み・咳・くしゃみ・鼻水などの症状が出ます。一般的にインフルエンザの場合には何日も高熱が続き、筋肉痛や関節痛、結膜炎などを引き起こす場合があるので、風邪と見分けることがで

2019年08月15日
インフルエンザは初期症状の時点で薬を飲んでもいい?

毎年冬の時期になると、世界各地でインフルエンザの流行が起こります。インフルエンザはウイルスによって発症する病気なので、抗生物質が効きません。そのため従来はインフルエンザに罹患したら体の免疫系がウイルスを除去するのを待つしか方法がなく、積極的な治療ができませんでした。最近はインフルエンザウイルスの増殖

2019年09月01日